冷え症に効くサプリメント!口コミ人気はどれ?

様々な病気による坐骨神経痛

2015年12月14日 16時07分

坐骨神経痛の大きな原因となる病気には、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、腫瘍などがあります。これらの病気の症状による坐骨神経の圧迫が、坐骨神経痛につながっているのです。これらは全て、脊椎周辺の構造や筋肉の状態に異変が起こって発症する病気です。

坐骨神経痛は他にも、帯状疱疹などのウィルス感染症やアレルギー性の病気に関連して起こる場合があります。ぎっくり腰や妊娠・出産時の腰椎や骨盤への負担が坐骨神経に影響して、坐骨神経痛の症状に至ることもあります。しかし以上のケースは、病気の手術などによって大元の問題が解決すれば坐骨神経痛も解消するのです。

問題なのは、慢性的な坐骨神経痛です。この場合、自立神経失調症やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。病気と違って、これらの不調は一気に完治する性質のものではありません。そのため、坐骨神経痛ともぼちぼちつきあいながら痛みやしびれをおさめていく努力をすることになります。

対策としては、冷えや血行不良を改善するのが効果的といわれます。冷えは万病の元と昔からいわれているように、血のめぐりをよくすることが冷えの解消にもつながり、全身の健康にも結びつきます。冷え性が坐骨神経痛と密接なつながりを持っていることで、特に女性には悩みの種となっている場合が多いのも事実です。

冷えを徹底対策することで健康体質に変わり、自律神経やホルモンバランスの乱れも解消していきましょう。最近では、坐骨神経痛を緩和させるのに、婦人科で処方される漢方薬が高い評価を得ています。